Youtube Facebook Instagram Twitter

水戸部 七絵 画家

神奈川県生まれ
2011年名古屋造形大学卒業
2019年 ホルベイン・スカラシップ奨学生
2016年~現在 阿佐ヶ谷美術専門学校非常勤講師
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画(油画第一研究室) 在籍

現在、千葉のスタジオを拠点に作家活動を行っている。2021年から東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 (油画第一研究室) 在籍、画家 小林正人に師事する。以前から描く対象として象徴的な人物の存在を描いたが、2014年のアメリカでの滞在制作をきっかけに「DEPTH」シリーズを発表。2016年の愛知県美術館での個展を開催し、2020年に愛知県美術館に「I am a yellow」が収蔵される。近年は、寺田倉庫に新設されたコレクターズミュージアム「WHAT」に高橋コレクションから出展、2021年「VOCA展2021」で鎮西芳美氏(東京都現代美術館)に推薦され、VOCA 奨励賞を受賞した。2022年には、オペラシティProject Nでの個展を開催予定である。

主な個展に、2019年「I am yellow」(Maki Fine Arts)、2018年「DEPTH - Tranquil Pigment- 」(florist gallery N)、2016年「APMoA, ARCH vol.18 DEPTH ‒ Dynamite Pigment -」(愛知県美術館)、「水戸部七絵展」(gallery21yo-j) 、2014年「ABRAHAM」(LOOP HOLE)など。

主なグループ展に、2021年「VOCA展2021」(上野の森美術館)2020年「-Inside the Collectorʼs Vault,vol.1-解き放たれたコレクション展」(WHAT)、2020年度第3期コレクション展「私は生まれなおしている─令和2年度新収蔵作品を中心に─」愛知県美術館、「HCN」Tokyo International Gallery、「ホルベイン・スカラシップ成果展」佐藤美術館、2019年「水戸部七絵|髙山陽介 顔の奥行き」(関内文庫)、「高橋コレクション展 アートのふるさと」(鶴岡アートフォーラム)、2018年「高橋コレクション 顔と抽象―清春白樺美術館コレクションとともに」(清春白樺美術館)、2017年「アブラカダブラ絵画展」(市原湖畔美術館)、「千一億光年トンネル」(ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション)、2014年「りこうなハンス」(タリオンギャラリー)などに参加。

その他に、鎮西芳美氏 推薦「VOCA展 2021」奨励賞受賞(2021年)、山峰潤也監修 テレビ朝日「アルスくんとテクネちゃん」出演(2021年)、「NHK 日曜美術館アートシーン」出演(2017年)、梅津庸一 氏、O jun氏 推薦「美術手帖 2016年12月号あなたの知らないニューカマー・アーティスト100」掲載(2016年)など。

パブリックコレクション
愛知県美術館、高橋コレクション

■個展

2019
「I am a yellow」Maki Fine Arts、東京

2018
「DEPTH - Tranquil Pigment- 」florist gallery N、愛知

2016
「水戸部七絵 展 MITOBE Nanae Exhibition」gallery21yo-j、東京
「DEPTH - Tranquil Pigment- 」florist gallery N、愛知
「APMoA , ARCH vol.18  DEPTH - Dynamite Pigment -」愛知県美術館、愛知

2014
「ABRAHAM」LOOP HOLE、東京
「水戸部七絵 個展」 現代HEIGHTS GALLERY DEN .ST、東京

■主なグループ展

2021
「VOCA展2021 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」上野の森美術館、東京

2020
「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション展」WHAT、東京
LOOPHOLE15周年記念「チッチャイーノ展」LOOP HOLE、東京
「2020年度第3期コレクション展 私は生まれなおしている─令和2年度新収蔵作品を中心に─」愛知県美術館、愛知
「HCN」Tokyo International Gallery、東京
「ホルベイン・スカラシップ成果展」佐藤美術館、東京都

2019
「水戸部七絵|髙山陽介 顔の奥行き」関内文庫、神奈川県
「高橋コレクション展 アートのふるさと」鶴岡アートフォーラム、山形県

2018
「高橋コレクション|顔と抽象ー清春白樺美術館コレクションとともに」清春白樺美術館、山梨県

2017
「本を、つくってみた ?アーティストブックの制作と展示?」NADiff a/p/a/r/t、東京、void+、東京、Gallery TURNAROUND、仙台
「アブラカダブラ絵画展」市原湖畔美術館、千葉
「千一億光年トンネル」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション、東京
「美術館ワンダーランド2017 ~イロ・モノノ ハコニワ~」安曇野市豊科近代美術館、長野
「ART in PARK HOTEL TOKYO 2017」パークホテル東京、東京

2015
「 LOOP HOLE 10周年記念展 」府中グリーンプラザ分館ギャラリー、東京
「赤のコルパー」T&S GALLERY / TIME & STYLE MIDTOWN、東京

2014
「りこうなハンス」タリオンギャラリー、東京
「ゲルオルタナ オープンスタジオ」ゲルオルタナ、東京
「砂漠のスケッチ」BlackRockCity内テント、アメリカ
「FCHU OF MADNESSー無名祭祀書ー」LOOP HOLE、東京

2013
「掲示」日本大学藝術学部江古田校舎、東京
「since」T&S GALLERY / TIME & STYLE MIDTOWN、東京

2012
「16人の若手作家たち」 書肆 啓祐堂 ・ 啓祐堂 ギャラリー 、東京
「460人展」矢田ギャラリー、愛知
「3331アンダパンダン・スカラシップ展 vol.2」、3331アーツ千代田、東京
「CHOCOLATS DES FUCHU 2012~府中の味~」 LOOP HOLE、東京

2011
「密度II」、アートラボあいち、愛知
「イコノフォビア-図像の魅惑と恐怖-」、愛知県美術館ギャラリー/フローリストギャラリーN、愛知
「BLUMEN GARTEN」 LOOP HOLE、東京

■所蔵

愛知県美術館
高橋コレクション

■受賞暦

2020
「VOCA展2021 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」奨励賞受賞 推薦者:鎮西芳美

2019
  ホルベインスカラシップ奨学生

2013
「熊谷守一大賞展」 入賞

2011
「千代田芸術祭2011 アンデパンダン」 審査員ゲスト O JUN 賞受賞

■掲載歴

2020
GOETHE「寺田倉庫「WHAT」にメディア初潜入! ゲーテ2月号は西野七瀬とアート散歩。」
ONBEAT【内覧会レポート】現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT」がオープン!オープニングは 「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展(~5/30)
月間アートコレクターズNo.140 2020年11月号
美術屋・百兵衛/2020年春 No.53『コレクション拝見 日本のアートコレクター File2 高橋 龍太郎』
Tokyo Art Beat「子どもと気軽にアートを楽しむ。東京近郊のおすすめ美術館7ヶ所」

2019
Burart【アトリエ訪問】厚塗りペインター・水戸部七絵さんのアトリエに訪問
Burart【個展】水戸部七絵「I am a yellow」Maki Fine Arts
ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2019年 6月号【色と色がおこす化学反応】
「APMoA Project,ARCH,2012-2017 記録集」寄稿:千葉真智子、原田裕規、小川希 デザイン:川村格夫 編集:中村史子 発行:愛知県美術館
「アブラカダブラ絵画展 絵画と空間に魔法をかける12人のアーティスト達」寄稿:成相肇、村田真
デザイン:小池俊起 発行:市原湖畔美術館 協力:アートフロントギャラリー 編集:カトウチカ

2018
FORZA STYLE 高橋龍太郎の一匹狼宣言【精神科医・高橋龍太郎氏が吠える!】”顔と抽象” アートに投影される社会構造の変遷とは?
Richesse(リシェス)No,23号「顔が語るアート」
名古屋造形大学50周年記念図録
「美術館ワンダーランド2017 ~イロ・モノノ ハコニワ~」図録

2017
河北新聞「美術家の視点で表現」
「本を、考えてみた」寄稿:五十嵐太郎氏(建築評論家/東北大学教授)、神山亮子氏(府中市美術館学芸員)デザイン:小池俊起
朝日新聞/積み重ねた時間の結晶「千一億光年トンネル」展
千葉日報/描く行為の本質迫る 独自表現で12人絵画展 市原
月刊ギャラリー vol.6 /「水戸部七絵の5年間」

2016
美術手帖 2016年12月号 あなたの知らないニューカマー・アーティスト100
「女子部屋」 川本史織 著 /グラフィック社
芸術批評誌「リア37号」第37号 野中祐美子
「名古屋市美術館美術館広報誌 アートペーパー 101号」名古屋市美術館 笠木日南子
「日経新聞夕刊美術欄」2016/1/27 豊田市美術館学芸員 千葉真智子
「中日新聞の美術欄 」2016/1/20
「千種区city版咲楽(さくら)R」二月号表紙

2015
「月刊美術 2015年 5月号」《巻頭特集》
これからの洋画 具象へのゆるぎない挑戦 洋画の未来形11人

2013
「堕落部屋」daraku room 川本史織 著 /グラフィック社
「フォトテクニックデジタル 3月号」

2012
「460人展」自費出版
月刊ギャラリー 2012 vol.4 小川英晴/「詩とアートが出逢うとき / 小川英晴 ~現代美術 の展望~」 フリーマガジン3331 TRANS ARTS vol.02「千代田芸術祭3331 アンデパンダン展」ゲスト審査員選評

2011
「イコノフォビア―図像の魅惑と恐怖―」カタログ コンセプトメイキング筒井宏樹・デザイン白澤真生
芸術批評誌「リア26号」第26号 筒井宏樹/高松太一郎(pinepine)+水戸部七絵展「BLUMEN GARTEN」

■その他

2021
山峰潤也監修 テレビ朝日「アルスくんとテクネちゃん」出演

2020
横浜美術学院 アーティスト・トーク

2018
日本テレビ「なんでこんな本出しちゃったんですか?」

2017
対談「掴める絵画」水戸部七絵 × 吉川陽一郎、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション、東京
滞在制作「鳥のスケッチ」ドイツ
NHK 日曜美術館アートシーン 出演

2016
対談 水戸部七絵 × 二藤建人
対談 水戸部七絵 × 野村和弘 、gallery 21yo-j、東京
アーティスト・トーク 水戸部七絵 × 副田一穂 、愛知県美術館、愛知

2014
滞在制作「砂漠のスケッチ」BlackRockCity、アメリカ

2013
関西テレビ「どっキング48」
日本テレビ「スッキリ!!」
テレビ番組「B級ニュースSHOW」



NANAE MITOBE  Artist

2011 Graduated from Nagoya Zokei University of Art & Design
Currently, based in Chiba, Japan
2021 Attend Tokyo University of the Arts,Master of oil painting

■Biography

After graduating from Nagoya Zokei University in 2011, Mitobe has been based in Chiba, Japan, Attend Tokyo University of the Arts,Master of oil painting in 2021.
where she has been working as an artist. Mitobe has been painting iconic figures such as Michael Jackson for some time, but a residency in the United States in 2014 led to the release of her "DEPTH" series, and in her solo exhibition at the Aichi Prefectural Museum of Art in 2016, she exhibited a nearly four meter long work in the center of the exhibition hall. In each case, she pursues the essence of painting through the theme of the face.

■SOLO SHOWS

2019
“I am yellow” Maki Fine Arts, Tokyo

2018
“DEPTH ? Tranquil Pigment” florist gallery N, Aichi

2016
“MITOBE Nanae Exhibition” gallery21yo-j, Tokyo
“DEPTH ? Tranquil Pigment” gallery N, Aichi
“APMoA project, ARCH vol.18: DEPTH - Dynamite Pigment” Aichi Prefectural Museum of Art, Aichi

2014
“ABRAHAM” LOOP HOLE, Tokyo
“Mitobe Nanae Solo Show” Gendai Heights Gallery Den .st, Tokyo

■GROUP SHOWS

2019
“Nanae Mitobe x Yosuke Takayama Exhibition ? Depth of Face” Kannai Bunko, Kanagawa
“Takahashi Collection | Art’s Home” Tsuruoka Art Forum, Yamagata

2018
“Takahashi Collection ─ Face and Abstraction” Kiyoharu Art Colony, Yamanashi

2017
“Artists’ Book Exhibition SENDAI ?? TOKYO” NADiff A/P/A/R/T, Tokyo; void+, Tokyo; Gallery TURNAROUND, Sendai
“ABraCaDabra” Ichihara Lakeside Museum, Chiba
“100100000000 Light Year Tunnel” Musee Hamaguchi Yozo: Yamasa Collection, Tokyo
“Museum Wonder Land 2017” Toyoshina Modern Art Museum, Nagano
“ART in PARK HOTEL TOKYO 2017” Park Hotel Tokyo, Tokyo

2015
“The first decade of LOOP HOLE” Fuchu Green Plaza gallery, Tokyo
“Red body” T&S GALLERY / TIME & STYLE MIDTOWN

2014
“Clever Hans” TALION \ GALLERY, Tokyo
Open space exhibition, Alternative Space Gell, Tokyo
“Desert Sketches” Burning Man exhibition tent, Black Rock City, Nevada
“FUCHU OF MADNESS” LOOP HOLE, Tokyo

2013
“Bulletin” Nihon University College of Art, Ekoda campus, Tokyo
“since” T&S GALLERY / TIME & STYLE MIDTOWN, Tokyo

2012
“16 Young Artists” Keiyudoh Gallery, Tokyo
“460 Exhibition” Yada Gallery, Aichi
“3331 Independents Scholarship Exhibition” 3331 Arts Chiyoda, Tokyo
“Chocolats des Fuchu 2012” LOOP HOLE, Tokyo

2011
“Density II” Art Lab, Aichi
“Iconophobia ? Fascination and Fear of Images” Aichi Prefectural Museum of Art and florist・gallery N, Aichi
“BLUMEN GARTEN” LOOP HOLE, Tokyo

■COLLECTIONS

Takahashi collection

■OTHER ACHIEVEMENTS

2018
TV appearance: “Why Publish Such a Book?” Nippon TV

2017
Gallery talk with Youichiro Yoshikawa: “Graspable Paintings” Musee
Hamaguchi Yozo?Yamasa Collection, Tokyo
“Bird Sketches” artist in residence, Germany
TV appearance: Sunday Museum Art Scene, NHK TV

2016
Gallery talk with Kento Nito, florist gallery N, Aichi
Gallery talk with Kazuhiro Nomura, gallery 21yo-j, Tokyo
Gallery talk with Kazuho Soeda, Aichi Prefectural Museum of Art, Aichi

2014
Artist in residence: “Desert Sketches” Black Rock City, Nevada

2013
TV program appearance: “Docking 48” Kansai Television
TV program appearance: “Sukkiri!!” Nippon TV
TV program appearance: “B-grade News Show”

■ACCOLADES

2013
Prize recipient: Morikazu Kumagawa Award

2011
Prize recipient: “2011 Chiyoda Arts Festival / 3331 Independents Scholarship Exhibition” O JUN special judge prize

■PUBLICATIONS

2018
Magazine article: “Art Told Through Faces” Richesse No. 23 issue
Pictorial record: “Museum Wonder Land 2017” Nagoya Zokei University of Art & Design 50th Anniversary publication

2017
Newspaper article: “Expressing through the Artist’s Perspective” Kahoku Shinpo,
Book: “Artists’ Book Exhibition SENDAI ?? TOKYO,” contributed by Taro Igarashi (architecture critic and professor at Tohoku University) and
Ryoko Kamiyama (Fuchu Art Museum curator); design by Toshiki Koike
Newspaper article: “Layered Time Taking Shape?
100100000000 Light Year Tunnel exhibition” Asahi Shimbun
Newspaper article: “Seeking the Essence of the Act of Drawing?12 Painters and their Unique Interpretations at Ichihara Lakeside Museum” Chiba Nippo
Magazine article: “Nanae Mitobe’s Five Years” Gallery vol. 6

2016
Magazine article: “100 Newcomer Artists You Never Heard Of” Bijyutsu Techo December issue
Book: Girl’s Room by Shiori Kawamoto, Graphic-sha Publishing
Magazine article: art review magazine REAR vol. 37, reviewed by Yumiko Nonaka
Magazine article: Nagoya City Art Museum PR magazine Art Paper vol. 101, reviewed by Kasagi Hinako of Nagoya City Art Museum
Newspaper article: Nikkei art page January 27, by Machiko Chiba (Toyota Municipal Museum of Art curator)
Newspaper article: Chunichi art page January 20
Magazine cover: Sakura?Nagoya Chikusa-ku February issue

2015
Magazine article (feature): “The Future of Oil Painting: Unwavering Challenge Toward Embodiment; 11 Artists Working in the Tomorrow” Gekkan Bijyutsu May issue

2013
Book: Daraku Room by Shiori Kawamoto, Graphic-sha Publishing
Magazine article: Photo Technic Digital March issue

2012
Pictorial record: “460 Persons Exhibition” self-publication
Magazine article: “When Poetry and Art Meet: Hideharu Ogawa?Vision of Contemporary Art” Gallery vol. 4
Magazine article: “3331 Independents Scholarship Exhibition,” commentary by guest judges, 3331 TRANS ARTS vol. 02

2011
Show catalog: Iconophobia ? Fascination and Fear of Images, concept and editing by Hiroki Tsutsui, design by Masao Shirasawa
Magazine article: “Taichiro Takamatsu (pinepine) + Nanae Mitobe show BLUMEN GARTEN” art review magazine REAR vol. 26, reviewed by Hiroki Tsutsui



CV(日本語)PDF >

CV(英語語)PDF >